BLOG

  • カサゴ×スプーン(ベネター)

    カサゴ×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 不遇だ、こんなに美味しくてよく釣れてかわいい我々がメバルやハタたちと比べてなんというかターゲットとして立ち位置が下に位置している感じ、不遇だ。 それはまあ「よく釣れる」ことがそうさせているのだと思う、釣り人は難しい魚ほど釣りたくなる人種である。 結局高級魚=希少価値、どれだけ美味しくてもたくさん居ることによって高級魚にはなれない、イワ氏もそう言っていた。 不遇だ。   と、あるカサゴが語っていた。   今回はスプーンカサゴの紹介です笑 カサゴ、関西ではガシラ、九州ではアラカブ、四国や九州の一部ではホゴと呼ばれている海釣りでは非常に馴染みのある魚です。 意外にも釣り人でなければ知らない人も割と多い、たぶん漁ではあまり獲らない(獲れない?)魚でそこまで市場に多く出回らないからでしょうか? そのあたりの事情はあまり知りませんが、カサゴは非常に美味しい魚! 個人的に味噌汁にするなら一位です、煮付けても唐揚げにしても何にしてもうまい♪   カサゴの生態についてはたくさん紹介されているのでもはや説明不要かと思います、岩などストラクチャーの隙間に隠れて獲物を待ち構えている根魚です。 一般的なルアーでの釣り方はワームのテキサスやフリーリグ、ジグヘッド等でボトムをタイトに攻めるという釣り方。   実はスプーンもカサゴがめちゃくちゃ釣れるルアーなのです。 ベネター4.5g、非常によく釣れます。 フックはデフォルトのシングルフックでok。   【釣り方その1:ボトムこちょこちょ】 まずボトムをとり、チョンチョンと軽く跳ね上げてフォール。 これを繰り返すだけです。 フォールはフリーでもテンションフォールでもどちらでもok、基本的にフリーフォールの方が効く場合が多いですが、テンションをかけてアタリを取っていく釣りも楽しいです。 注意点としては根がキツイ場所では根掛かりが多いこと、これはスプーンに限らずですね。 そんな時に効率よく狙っていけるのが次の釣り方です。   【釣り方その2:ボトムちょい上スイミング】 まずボトムは取ります、もしくは深さを把握できていれば着底直前まで落とし込む。...

    カサゴ×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 不遇だ、こんなに美味しくてよく釣れてかわいい我々がメバルやハタたちと比べてなんというかターゲットとして立ち位置が下に位置している感じ、不遇だ。 それはまあ「よく釣れる」ことがそうさせているのだと思う、釣り人は難しい魚ほど釣りたくなる人種である。 結局高級魚=希少価値、どれだけ美味しくてもたくさん居ることによって高級魚にはなれない、イワ氏もそう言っていた。 不遇だ。   と、あるカサゴが語っていた。   今回はスプーンカサゴの紹介です笑 カサゴ、関西ではガシラ、九州ではアラカブ、四国や九州の一部ではホゴと呼ばれている海釣りでは非常に馴染みのある魚です。 意外にも釣り人でなければ知らない人も割と多い、たぶん漁ではあまり獲らない(獲れない?)魚でそこまで市場に多く出回らないからでしょうか? そのあたりの事情はあまり知りませんが、カサゴは非常に美味しい魚! 個人的に味噌汁にするなら一位です、煮付けても唐揚げにしても何にしてもうまい♪   カサゴの生態についてはたくさん紹介されているのでもはや説明不要かと思います、岩などストラクチャーの隙間に隠れて獲物を待ち構えている根魚です。 一般的なルアーでの釣り方はワームのテキサスやフリーリグ、ジグヘッド等でボトムをタイトに攻めるという釣り方。   実はスプーンもカサゴがめちゃくちゃ釣れるルアーなのです。 ベネター4.5g、非常によく釣れます。 フックはデフォルトのシングルフックでok。   【釣り方その1:ボトムこちょこちょ】 まずボトムをとり、チョンチョンと軽く跳ね上げてフォール。 これを繰り返すだけです。 フォールはフリーでもテンションフォールでもどちらでもok、基本的にフリーフォールの方が効く場合が多いですが、テンションをかけてアタリを取っていく釣りも楽しいです。 注意点としては根がキツイ場所では根掛かりが多いこと、これはスプーンに限らずですね。 そんな時に効率よく狙っていけるのが次の釣り方です。   【釣り方その2:ボトムちょい上スイミング】 まずボトムは取ります、もしくは深さを把握できていれば着底直前まで落とし込む。...

  • 【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

    【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 デイシーバスのヒットシーン映像になります。 使用しているのはベネター14g。 ただ巻き。 藻の中でカタクチが通るのを待ち構えているシーバスが本気の食い上げバイト。 エキサイティングでヤミツキになります♪  

    【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 デイシーバスのヒットシーン映像になります。 使用しているのはベネター14g。 ただ巻き。 藻の中でカタクチが通るのを待ち構えているシーバスが本気の食い上げバイト。 エキサイティングでヤミツキになります♪  

  • スプーンのスプリットリング(ベネター)

    スプーンのスプリットリング(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 スプーンに付けるスプリットリングについてのお話です。 ベネターにデフォルトで付けているスプリットリングは既製品のオフセットタイプではなく、別注のストレートタイプを採用しています。 一般的にオフセットタイプ、ストレートタイプと呼ぶのか分かりませんがぼくはそう呼んでいます。 オフセットタイプとは皆さんがふつーに目にする、ほとんどのルアーに付いている一般的なスプリットリングです。ワイヤーが重なっていない部分が斜めになっており、重心がまっすぐになることが特徴。   オフセットタイプのスプリットリング   一方、ストレートタイプとはワイヤーが全て直線でできており昨今では見ることもほぼなくなりました。   ストレートタイプのスプリットリング   基本的にオフセットタイプの方が利点が多いため最近のルアーにはほぼオフセットタイプが付いています、というかもはやオフセットタイプしかない... ではなぜベネターにはわざわざ別注のストレートタイプを採用しているか、それにはスプーンの構造が関係しています。   トラウトをされる方はわかると思うのですが、スプーンって非常にスプリットリングを取り付けにくい! アイがワイヤー(エイト管や貫通ワイヤーなど)でできているルアーはリングを取り付ける際、そこまで大きくリングを開く必要がないのでスムーズにできるのですが、スプーンはボディ自体にアイ、穴が開いている構造上大きくリングを開いて取り付ける必要があります。     エリアトラウト用のマイクロスプーンならまだしも、例えばベネター4.5g以上とかになってくると慣れないとなかなかスムーズに取り付けられません、慣れているはずのぼくもいまだにたまにミスります笑 ミスるとどうなるか、リングが開いてしまいトラブルの増加や強度の低下に繋がります。   トラブル増加、強度低下の具体例↓ ・リングが開いたところにスイベルやフックが入り込みアクションの妨げになる ・スイベルの内径を圧迫してアクションの妨げになる ・最悪の場合スイベルやフックが外れる(さすがになかなかないですが) ・ウィードやゴミを拾いやすくなる ・リングワイヤーが一本の箇所が支点になることが増えて破断強度が下がる などなど。  ...

    スプーンのスプリットリング(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 スプーンに付けるスプリットリングについてのお話です。 ベネターにデフォルトで付けているスプリットリングは既製品のオフセットタイプではなく、別注のストレートタイプを採用しています。 一般的にオフセットタイプ、ストレートタイプと呼ぶのか分かりませんがぼくはそう呼んでいます。 オフセットタイプとは皆さんがふつーに目にする、ほとんどのルアーに付いている一般的なスプリットリングです。ワイヤーが重なっていない部分が斜めになっており、重心がまっすぐになることが特徴。   オフセットタイプのスプリットリング   一方、ストレートタイプとはワイヤーが全て直線でできており昨今では見ることもほぼなくなりました。   ストレートタイプのスプリットリング   基本的にオフセットタイプの方が利点が多いため最近のルアーにはほぼオフセットタイプが付いています、というかもはやオフセットタイプしかない... ではなぜベネターにはわざわざ別注のストレートタイプを採用しているか、それにはスプーンの構造が関係しています。   トラウトをされる方はわかると思うのですが、スプーンって非常にスプリットリングを取り付けにくい! アイがワイヤー(エイト管や貫通ワイヤーなど)でできているルアーはリングを取り付ける際、そこまで大きくリングを開く必要がないのでスムーズにできるのですが、スプーンはボディ自体にアイ、穴が開いている構造上大きくリングを開いて取り付ける必要があります。     エリアトラウト用のマイクロスプーンならまだしも、例えばベネター4.5g以上とかになってくると慣れないとなかなかスムーズに取り付けられません、慣れているはずのぼくもいまだにたまにミスります笑 ミスるとどうなるか、リングが開いてしまいトラブルの増加や強度の低下に繋がります。   トラブル増加、強度低下の具体例↓ ・リングが開いたところにスイベルやフックが入り込みアクションの妨げになる ・スイベルの内径を圧迫してアクションの妨げになる ・最悪の場合スイベルやフックが外れる(さすがになかなかないですが) ・ウィードやゴミを拾いやすくなる ・リングワイヤーが一本の箇所が支点になることが増えて破断強度が下がる などなど。  ...

  • 青物×スプーン(ベネター14g)

    青物×スプーン(ベネター14g)

    まいどです!こばやしです。 先日カタクチイワシが接岸しシーバスが釣れまくった同日、実は青物も釣れていました。     カタクチはこのサイズ、結構でかい。 しかしカタクチって綺麗ですね、光に当たるとナチュラルなコットンキャンディ。(ナチュラルコットンキャンディカラー作ろうかしら) シーバスは一番手前の沈み根と海藻が絡んだところでベイトを待ち構えているのですが、青物はその少し先。と言っても20mもキャストしていません、ベイトが接岸していれば魚種関係なくかなりショアライン、シャローに差してきます。     ベネター14gで90cmのブリ♪ このサイズもふつーに入ってきます。 フックはツインアシスト#1に交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。 14gしかないスプーンでブリ釣れるの?と感じる方も少なくないと思いますが、釣れます。 ただガチのロックショアタックルでは軽すぎて扱えません、こちらは現在開発中の24gやそれ以上のウェイトをお待ちくださいませ <(_ _)>   今回のポイントは明石にある石畳絡みの遠浅サーフ、サーフは基本ベイト次第になりますが青物、シーバスだけでなくフラットフィッシュまで同時に狙えるサーフスプーニング、楽しい釣りなのでぜひお試しあれ~!

    青物×スプーン(ベネター14g)

    まいどです!こばやしです。 先日カタクチイワシが接岸しシーバスが釣れまくった同日、実は青物も釣れていました。     カタクチはこのサイズ、結構でかい。 しかしカタクチって綺麗ですね、光に当たるとナチュラルなコットンキャンディ。(ナチュラルコットンキャンディカラー作ろうかしら) シーバスは一番手前の沈み根と海藻が絡んだところでベイトを待ち構えているのですが、青物はその少し先。と言っても20mもキャストしていません、ベイトが接岸していれば魚種関係なくかなりショアライン、シャローに差してきます。     ベネター14gで90cmのブリ♪ このサイズもふつーに入ってきます。 フックはツインアシスト#1に交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。 14gしかないスプーンでブリ釣れるの?と感じる方も少なくないと思いますが、釣れます。 ただガチのロックショアタックルでは軽すぎて扱えません、こちらは現在開発中の24gやそれ以上のウェイトをお待ちくださいませ <(_ _)>   今回のポイントは明石にある石畳絡みの遠浅サーフ、サーフは基本ベイト次第になりますが青物、シーバスだけでなくフラットフィッシュまで同時に狙えるサーフスプーニング、楽しい釣りなのでぜひお試しあれ~!

  • デイシーバス×スプーン(ベネター)

    デイシーバス×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 先日ルアーキスをしようと思いサーフに行きました。仕掛けはベネター8gにマイクロアシストフックを装着、そこに一誠のスパテラ1.5"をトレーラーとして。 海の中を見ていると浅瀬になにやら群れが。     カタクチ...これは...と思い石畳の先端へ移動、ワームを外してベネター8gをキャストするとシーバス丸見え食い上げバイト! が!フックが小さすぎて掛からない! ダッシュでシーバスタックルと通常サイズのアシストフックとベネター14gを取りに帰りそのポイントに再びイン! そこから怒涛のボンバーでした!           カタクチの群れでテンションが上がっているシーバスが丸見えバイト連発です♪ 既にスイッチが入っているので捕食しやすいよう表層ちょい下~中層をゆっくり巻いてくるだけ、あとはベネターのアクションで勝手に釣れてくれます、釣りが下手なぼくでも問題なしb フックはツインアシストに交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。8g→#2、14g→#1です。 本来はアクションを重視して8g→#4、14g→#2を使うことが多いですが、今回は活性が高く釣れるアベレージサイズが大きかったこともあり1番手大きいサイズを使用しました。 結局75cmを筆頭に20匹ほど釣れました、真っ昼間に至近距離での丸見えバイト連発ははぴはぴはっぴー(=^・・^=)すぎる時間。   今回この状況になった要因は以下の通りと推察します。 ・カタクチイワシが比較的浅場に寄って来る季節・前日の雨・濁り・向かい風 これら全てが相まった結果、ちなみに翌日はもぬけの殻でした。 スプーンばかりで釣りをしているとこんな感じで思わぬ状況を発見できることが多いです、これはベネターの汎用性の賜物です。 シーバスには基本14g、マイクロパターンには8g、ライトシーバスでは4.5gもGood◎   今回の教訓は海では何が起こるか分からないので別サイズのベネターとフックをBOXに入れておくこと、そうすれば一度帰る必要もなかった。。 そして相変わらず写真を撮られるタイミングがへたくそすぎる。。

    デイシーバス×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 先日ルアーキスをしようと思いサーフに行きました。仕掛けはベネター8gにマイクロアシストフックを装着、そこに一誠のスパテラ1.5"をトレーラーとして。 海の中を見ていると浅瀬になにやら群れが。     カタクチ...これは...と思い石畳の先端へ移動、ワームを外してベネター8gをキャストするとシーバス丸見え食い上げバイト! が!フックが小さすぎて掛からない! ダッシュでシーバスタックルと通常サイズのアシストフックとベネター14gを取りに帰りそのポイントに再びイン! そこから怒涛のボンバーでした!           カタクチの群れでテンションが上がっているシーバスが丸見えバイト連発です♪ 既にスイッチが入っているので捕食しやすいよう表層ちょい下~中層をゆっくり巻いてくるだけ、あとはベネターのアクションで勝手に釣れてくれます、釣りが下手なぼくでも問題なしb フックはツインアシストに交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。8g→#2、14g→#1です。 本来はアクションを重視して8g→#4、14g→#2を使うことが多いですが、今回は活性が高く釣れるアベレージサイズが大きかったこともあり1番手大きいサイズを使用しました。 結局75cmを筆頭に20匹ほど釣れました、真っ昼間に至近距離での丸見えバイト連発ははぴはぴはっぴー(=^・・^=)すぎる時間。   今回この状況になった要因は以下の通りと推察します。 ・カタクチイワシが比較的浅場に寄って来る季節・前日の雨・濁り・向かい風 これら全てが相まった結果、ちなみに翌日はもぬけの殻でした。 スプーンばかりで釣りをしているとこんな感じで思わぬ状況を発見できることが多いです、これはベネターの汎用性の賜物です。 シーバスには基本14g、マイクロパターンには8g、ライトシーバスでは4.5gもGood◎   今回の教訓は海では何が起こるか分からないので別サイズのベネターとフックをBOXに入れておくこと、そうすれば一度帰る必要もなかった。。 そして相変わらず写真を撮られるタイミングがへたくそすぎる。。

  • 【スプーン水中動画】ベネター

    【スプーン水中動画】ベネター

    まいどです!こばやしです。 ベネターの水中アクション動画です。 様々な使い方ができるベネターですが、基本はスローリトリーブ。 今回は4.5g、8g、14g各サイズのスローリトリーブ映像になります。 ルアーは実際に水中でどう動いているか分かっているか否かで釣果が、また「楽しさ」が大きく変わってきます。 映像を見てイメージが湧いていただけると幸いです ^ ^   【4.5g】     【8g】     【14g】  

    【スプーン水中動画】ベネター

    まいどです!こばやしです。 ベネターの水中アクション動画です。 様々な使い方ができるベネターですが、基本はスローリトリーブ。 今回は4.5g、8g、14g各サイズのスローリトリーブ映像になります。 ルアーは実際に水中でどう動いているか分かっているか否かで釣果が、また「楽しさ」が大きく変わってきます。 映像を見てイメージが湧いていただけると幸いです ^ ^   【4.5g】     【8g】     【14g】  

  • 石垣島×スプーン(ベネター)2

    石垣島×スプーン(ベネター)2

    まいどです!こばやしです。 ブラスビーテスター、石垣島のこーへーさんがC調でチョベリグな釣果を上げまくっております◎ 14gにて、 ムネアカクチビ マトフエフキ ニセクロホシフエダイ ガンテンメギス イソフエフキ アミメフエダイ アカテンモチノウオ   8gにて、 マングローブジャック ミナミクロダイ ミナミマゴチ ヤイトハタ メッキ(ロウニンアジ)   4.5gにて、 オオクチユゴイ   キャピキャピな沖縄フィッシュ相手にスプーンは定番ルアーとなっているのであえて特筆することもありませんが、比較的分厚い系のスプーンが多い沖縄スプーンに混じるとベネターは薄く感じます、相対的に。 が故に沖縄エリアでは、特にシャローやスローに使いたい時にバッチグー。 オーソドックスなスプーンであるベネターは沖縄では逆にナウい存在?

    石垣島×スプーン(ベネター)2

    まいどです!こばやしです。 ブラスビーテスター、石垣島のこーへーさんがC調でチョベリグな釣果を上げまくっております◎ 14gにて、 ムネアカクチビ マトフエフキ ニセクロホシフエダイ ガンテンメギス イソフエフキ アミメフエダイ アカテンモチノウオ   8gにて、 マングローブジャック ミナミクロダイ ミナミマゴチ ヤイトハタ メッキ(ロウニンアジ)   4.5gにて、 オオクチユゴイ   キャピキャピな沖縄フィッシュ相手にスプーンは定番ルアーとなっているのであえて特筆することもありませんが、比較的分厚い系のスプーンが多い沖縄スプーンに混じるとベネターは薄く感じます、相対的に。 が故に沖縄エリアでは、特にシャローやスローに使いたい時にバッチグー。 オーソドックスなスプーンであるベネターは沖縄では逆にナウい存在?

  • イワナ×スプーン(ベネター4.5g)

    イワナ×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 ベネターはトラウト専用スプーンではありません!と言いながら、楽しいのでつい行っちゃう渓流。 今回は新潟県の魚野川にお邪魔しました!美しい自然環境で土地も広く、ご飯がおいしくて温泉も最高という最悪釣れなくても満足できる場所です笑 初めての魚野川水系、年券を購入して友人に案内してもらいながらの開拓釣行。 ベネターは一般的なスプーンよりも「釣れるスピードレンジ」が広く、アップ~ダウンまで対応可能。渓流専用ではないのにかなりトラウトに効きますヨ♪ てなわけで綺麗なイワナたちが遊んでくれました!             今回はピンク/シルバー、グリーン/ゴールドが当たりカラーでした☆ そしてチョット違うシチュエーションで投げると       友人がヤマメも! 富んだ環境で美しい自然、魚と戯れる。 渓流釣りはかなり好きな釣りのひとつです^ ^   フックですが、デフォルトのシングルフックでもokですがネイティヴトラウトの場合、トラウト用のシングルアシストフックに交換するとフックアップ率が上がります。 今回はヴァンフックのLSP-40F#6を使用しました。   次回はベネター8g、14gも携えて本流にも行きたいと思っています◎

    イワナ×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 ベネターはトラウト専用スプーンではありません!と言いながら、楽しいのでつい行っちゃう渓流。 今回は新潟県の魚野川にお邪魔しました!美しい自然環境で土地も広く、ご飯がおいしくて温泉も最高という最悪釣れなくても満足できる場所です笑 初めての魚野川水系、年券を購入して友人に案内してもらいながらの開拓釣行。 ベネターは一般的なスプーンよりも「釣れるスピードレンジ」が広く、アップ~ダウンまで対応可能。渓流専用ではないのにかなりトラウトに効きますヨ♪ てなわけで綺麗なイワナたちが遊んでくれました!             今回はピンク/シルバー、グリーン/ゴールドが当たりカラーでした☆ そしてチョット違うシチュエーションで投げると       友人がヤマメも! 富んだ環境で美しい自然、魚と戯れる。 渓流釣りはかなり好きな釣りのひとつです^ ^   フックですが、デフォルトのシングルフックでもokですがネイティヴトラウトの場合、トラウト用のシングルアシストフックに交換するとフックアップ率が上がります。 今回はヴァンフックのLSP-40F#6を使用しました。   次回はベネター8g、14gも携えて本流にも行きたいと思っています◎

  • タケノコメバル×明石×スプーン(ベネター)

    タケノコメバル×明石×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 ぼくがよく釣りをしている明石ではメバルよりでかくてパワフルなメバル、タケノコメバルが多く生息しています。 東北地方では50cmを超えてくるようですが明石では40ちょいまで、自己ベストは37cmです。 メバルといえばアジと双璧を成すライトゲームの大御所ターゲットですが、このタケノコメバルは地域性があるためかメディアに取り上げられることも少なく、あまりメジャーな魚ではありません。 が!個人的にはかなりおもしろいターゲット! 基本的にストラクチャーに隠れて獲物を狙っていますが意外と遊泳力が高く、かなり積極的にルアーを襲ってきます。そして引きが強い。 どシャローに居ることも多く、ルアーターゲットとしてチョベリグな存在だと思っています。 で、このタケノコにベネター4.5g、8gが非常に効くんです◎ ベネタータケノコを一部ご紹介↓           使い方は 1.ボトム付近をゆっくりただ巻き 2.ボトムからチョンチョンとリフトしてフォール この2パターンで釣れます、岩場や海藻に隠れているのでその近くを通すのがキモ♪ 明石のタケノコは経験上夕まずめが一番釣りやすいです、朝まずめやナイトゲームも〇   脇役的な立ち位置のタケノコメバル、このままあまり釣られることなく個人的に楽しみたいとも思ってしまいます笑

    タケノコメバル×明石×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 ぼくがよく釣りをしている明石ではメバルよりでかくてパワフルなメバル、タケノコメバルが多く生息しています。 東北地方では50cmを超えてくるようですが明石では40ちょいまで、自己ベストは37cmです。 メバルといえばアジと双璧を成すライトゲームの大御所ターゲットですが、このタケノコメバルは地域性があるためかメディアに取り上げられることも少なく、あまりメジャーな魚ではありません。 が!個人的にはかなりおもしろいターゲット! 基本的にストラクチャーに隠れて獲物を狙っていますが意外と遊泳力が高く、かなり積極的にルアーを襲ってきます。そして引きが強い。 どシャローに居ることも多く、ルアーターゲットとしてチョベリグな存在だと思っています。 で、このタケノコにベネター4.5g、8gが非常に効くんです◎ ベネタータケノコを一部ご紹介↓           使い方は 1.ボトム付近をゆっくりただ巻き 2.ボトムからチョンチョンとリフトしてフォール この2パターンで釣れます、岩場や海藻に隠れているのでその近くを通すのがキモ♪ 明石のタケノコは経験上夕まずめが一番釣りやすいです、朝まずめやナイトゲームも〇   脇役的な立ち位置のタケノコメバル、このままあまり釣られることなく個人的に楽しみたいとも思ってしまいます笑

  • シーバス×スプーン(ベネター14g)

    シーバス×スプーン(ベネター14g)

    まいどです!こばやしです。 ベネターは魚種無制限なので=五目釣り専用。じゃあありません! たしかに色んな魚が釣れるのでメインターゲット以外の魚が釣れることもよくありますし、五目釣りを楽しめるルアーでもあります。 が、本来はターゲットを定めて使う方が釣果が伴いやすいルアー、というか基本的に釣りはだいたいそういうもんですが笑   14gはシーバス狙いに有効です。 一度至極単純に考えてみます、今回は河川やサーフのナイトゲームを想定します。 ・ゆっくり巻いてもよく動く・水面以外任意のレンジを通してこれる・フラッシングでアピールする・よく飛ぶ ベネターのこの特徴を見ると普通にシーバス釣れるよなあ。と開発段階の時に思っていました、そして実際にマッチング率高めでした。   普段からちょいちょい行く明石の小規模サーフがあります、正直あんまり釣れないポイント。 それでも雨や潮回りのタイミングによってはシーバスが差してくるポイント、どんなルアーでも釣れるような環境よりこっちの方がルアー的には釣れた価値があります。     グッドコンディションなシーバスが釣れました、雨上がり夜明け前のタイミング、カラーはチャート/シルバー。 表層やや下あたりをゆっくりただ巻き、使うイメージとしてはちょっと重ためのシンペンです。 フックはツインアシストの#2or1に交換、この時はがまかつのアシスト59ライト#2を使いました。 ベネター14gはスピード感やレンジ感が河川やサーフのシーバスにマッチします、シーバス狙いのルアーとしても使ってほしいルアーです。 またマイクロパターンでは8gの出番です。   まだ一般的になっていないシーバススプーニング、自由度の高い釣りでもあるのでぜひ一度遊んでみてほしいとおもいます♪

    シーバス×スプーン(ベネター14g)

    まいどです!こばやしです。 ベネターは魚種無制限なので=五目釣り専用。じゃあありません! たしかに色んな魚が釣れるのでメインターゲット以外の魚が釣れることもよくありますし、五目釣りを楽しめるルアーでもあります。 が、本来はターゲットを定めて使う方が釣果が伴いやすいルアー、というか基本的に釣りはだいたいそういうもんですが笑   14gはシーバス狙いに有効です。 一度至極単純に考えてみます、今回は河川やサーフのナイトゲームを想定します。 ・ゆっくり巻いてもよく動く・水面以外任意のレンジを通してこれる・フラッシングでアピールする・よく飛ぶ ベネターのこの特徴を見ると普通にシーバス釣れるよなあ。と開発段階の時に思っていました、そして実際にマッチング率高めでした。   普段からちょいちょい行く明石の小規模サーフがあります、正直あんまり釣れないポイント。 それでも雨や潮回りのタイミングによってはシーバスが差してくるポイント、どんなルアーでも釣れるような環境よりこっちの方がルアー的には釣れた価値があります。     グッドコンディションなシーバスが釣れました、雨上がり夜明け前のタイミング、カラーはチャート/シルバー。 表層やや下あたりをゆっくりただ巻き、使うイメージとしてはちょっと重ためのシンペンです。 フックはツインアシストの#2or1に交換、この時はがまかつのアシスト59ライト#2を使いました。 ベネター14gはスピード感やレンジ感が河川やサーフのシーバスにマッチします、シーバス狙いのルアーとしても使ってほしいルアーです。 またマイクロパターンでは8gの出番です。   まだ一般的になっていないシーバススプーニング、自由度の高い釣りでもあるのでぜひ一度遊んでみてほしいとおもいます♪

  • スプーンの素材

    スプーンの素材

    まいどです!こばやしです。 釣具、ルアーで広く使われている金属と言えば鉛、次いでタングステン。少しマイナーなところだと亜鉛や錫(スズ)なんかも使われていたりします。 ではほとんどのスプーンはなにで作られているのか、意外と知らない方も多いのではないかと思います。 基本的にスプーンには「真鍮(しんちゅう)」を使われています、真鍮とは銅と亜鉛の合金で正式名称は黄銅なのかな?英語ではブラス(brass)です。真鍮素材のモノで言うと仏具や管楽器(ブラスバンドとか言いますよね)が有名です。 そしてベネター開発にあたりまず素材を考えました、結局真鍮製となったのですが、なぜ真鍮がベストなのか考えるプロセスを経て素材を決定することよって深く理解することができました。 各金属の特徴はざっくりこんな感じです。   【鉛】・やわらかい・重い・原材料費安い・加工コスト低い・環境負荷が大きい 【タングステン】・非常に硬い・非常に重い・原材料費高い・加工コスト高い・錆びにくい 【亜鉛】・軽い・原材料費安い・加工コスト低い・錆びるがメッキ加工〇 【錫】・やわらかい・軽い・原材料費高い・加工コスト低い・錆びにくい 【真鍮】・硬い・鉛より軽く錫より重い・原材料費タングステンより安く亜鉛より高い・加工コストタングステンより低く鉛より高い・錆びるがメッキ加工〇 【ステンレス】・硬い・原材料費安い・加工コスト高い・錆びにくい 【鉄】・硬い・原材料費非常に安い・加工コスト高い・錆びやすいがメッキ加工〇 【アルミ】・非常に軽い・原材料費安い・錆びにくい     次に、各項目の序列をつけると以下の通りになります。(すべて高い順) ・硬度タングステン→ ステンレス→ 鉄→ 真鍮→ アルミ、亜鉛→ 錫→ 鉛 ・比重タングステン⇒ 鉛→ 真鍮→ ステンレス、鉄→ 錫→...

    スプーンの素材

    まいどです!こばやしです。 釣具、ルアーで広く使われている金属と言えば鉛、次いでタングステン。少しマイナーなところだと亜鉛や錫(スズ)なんかも使われていたりします。 ではほとんどのスプーンはなにで作られているのか、意外と知らない方も多いのではないかと思います。 基本的にスプーンには「真鍮(しんちゅう)」を使われています、真鍮とは銅と亜鉛の合金で正式名称は黄銅なのかな?英語ではブラス(brass)です。真鍮素材のモノで言うと仏具や管楽器(ブラスバンドとか言いますよね)が有名です。 そしてベネター開発にあたりまず素材を考えました、結局真鍮製となったのですが、なぜ真鍮がベストなのか考えるプロセスを経て素材を決定することよって深く理解することができました。 各金属の特徴はざっくりこんな感じです。   【鉛】・やわらかい・重い・原材料費安い・加工コスト低い・環境負荷が大きい 【タングステン】・非常に硬い・非常に重い・原材料費高い・加工コスト高い・錆びにくい 【亜鉛】・軽い・原材料費安い・加工コスト低い・錆びるがメッキ加工〇 【錫】・やわらかい・軽い・原材料費高い・加工コスト低い・錆びにくい 【真鍮】・硬い・鉛より軽く錫より重い・原材料費タングステンより安く亜鉛より高い・加工コストタングステンより低く鉛より高い・錆びるがメッキ加工〇 【ステンレス】・硬い・原材料費安い・加工コスト高い・錆びにくい 【鉄】・硬い・原材料費非常に安い・加工コスト高い・錆びやすいがメッキ加工〇 【アルミ】・非常に軽い・原材料費安い・錆びにくい     次に、各項目の序列をつけると以下の通りになります。(すべて高い順) ・硬度タングステン→ ステンレス→ 鉄→ 真鍮→ アルミ、亜鉛→ 錫→ 鉛 ・比重タングステン⇒ 鉛→ 真鍮→ ステンレス、鉄→ 錫→...

  • 石垣島×スプーン(ベネター)

    石垣島×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 日本でソルトスプーンの聖地と言えば沖縄、中でも離島は聖地of聖地☆ 沖縄におけるスプーンの立場は「定番」、多くのルアーマンが日常的に使うルアーとなっています。 が故にベネターは「沖縄でめっちゃ釣れる!」と謳っていません、それはスプーンがまだトラウト以外では馴染みのない本州で、より多くのひとに様々な魚がよく釣れるということを知ってもらうことを重視している為です。   ルアー開発においては2つの環境でのテストが必要だと考えています。1.そんなに釣れない場所2.よく釣れる場所 基本的に釣り人の多いエリア(最近めっちゃ釣れてるから一時的に人が集まっているというよりは、人口が多かったりアクセスが良かったりという理由での多い。)は釣れにくく、釣り人の少ないエリア(こちらは逆に魚が釣れないから少ないというよりは、人口が少なかったりアクセスが難しいという理由。)は釣れやすい。 誰しもがよく釣れる場所に頻繁に行ける訳ではありません、というか行けない釣り人の方が多数派なはず。 ということは、本当に良いルアー、たくさんの釣り人に愛されるルアーとはそんなタフな状況でも釣果が伴うルアーだと考えています、正直めちゃくちゃ釣れる環境では微妙なルアーでも釣れたりします笑 ではなぜよく釣れる場所でもテストが必要なのか、これは「強度」と「実釣性」を見るためです。 数匹釣ったら壊れる、変形するようではそのルアーを1個しか持っていないとその日はもう使えませんし、何個も予備を持っていくのも荷物が増えるしコスパも悪い。遠征ともなるとこれは大きな問題です。 またよく釣れる環境だからこそ差を感じられる部分もあります、既存の実績ルアーでは10尾釣れたけどこのルアーでは5尾だったなあとか、フッキング率が悪いなあとか。魚を掛けてわかることが多くあります。     ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃない、こんなことを書きたかったんじゃあない。 ブラスビーの沖縄エリアテスター、石垣島在住のこーへーさんの釣果を紹介したかったのです! すべてベネターでの釣果です。(プロト含みます)   ミナミクロダイ×4.5g   ナミハタ×4.5g   メッキ×4.5g   マトフエフキ×8g   イシミーバイ×8g   キツネフエフキ×14g  ...

    石垣島×スプーン(ベネター)

    まいどです!こばやしです。 日本でソルトスプーンの聖地と言えば沖縄、中でも離島は聖地of聖地☆ 沖縄におけるスプーンの立場は「定番」、多くのルアーマンが日常的に使うルアーとなっています。 が故にベネターは「沖縄でめっちゃ釣れる!」と謳っていません、それはスプーンがまだトラウト以外では馴染みのない本州で、より多くのひとに様々な魚がよく釣れるということを知ってもらうことを重視している為です。   ルアー開発においては2つの環境でのテストが必要だと考えています。1.そんなに釣れない場所2.よく釣れる場所 基本的に釣り人の多いエリア(最近めっちゃ釣れてるから一時的に人が集まっているというよりは、人口が多かったりアクセスが良かったりという理由での多い。)は釣れにくく、釣り人の少ないエリア(こちらは逆に魚が釣れないから少ないというよりは、人口が少なかったりアクセスが難しいという理由。)は釣れやすい。 誰しもがよく釣れる場所に頻繁に行ける訳ではありません、というか行けない釣り人の方が多数派なはず。 ということは、本当に良いルアー、たくさんの釣り人に愛されるルアーとはそんなタフな状況でも釣果が伴うルアーだと考えています、正直めちゃくちゃ釣れる環境では微妙なルアーでも釣れたりします笑 ではなぜよく釣れる場所でもテストが必要なのか、これは「強度」と「実釣性」を見るためです。 数匹釣ったら壊れる、変形するようではそのルアーを1個しか持っていないとその日はもう使えませんし、何個も予備を持っていくのも荷物が増えるしコスパも悪い。遠征ともなるとこれは大きな問題です。 またよく釣れる環境だからこそ差を感じられる部分もあります、既存の実績ルアーでは10尾釣れたけどこのルアーでは5尾だったなあとか、フッキング率が悪いなあとか。魚を掛けてわかることが多くあります。     ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃない、こんなことを書きたかったんじゃあない。 ブラスビーの沖縄エリアテスター、石垣島在住のこーへーさんの釣果を紹介したかったのです! すべてベネターでの釣果です。(プロト含みます)   ミナミクロダイ×4.5g   ナミハタ×4.5g   メッキ×4.5g   マトフエフキ×8g   イシミーバイ×8g   キツネフエフキ×14g  ...

  • メバル×デイゲーム×スプーン(ベネター4.5g)

    メバル×デイゲーム×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 メバルのショアルアーゲームが最盛期となった春、特に藻場でのスプーン、ベネター4.5gでよく釣れています。ただナイトゲームでメバルが頻繁にライズしているような状況ではベネターに限らず表層近くをゆっくり通してこれるルアーであれば釣れます、プラグですとフックにウィードが絡んでチョベリバですが。 しかしデイゲームとなるとメバルは難しい、一部魚影の非常に濃いエリアでは成立しますが本州である程度人口の多い場所ではやはりナイトゲームが基本となります。 でも明るい時間帯に魚が釣れるのはやはり気持ちのいいもの、ぼくもできればデイゲームで魚を釣りたいと思い日中のメバリングを模索しています。そして実際に釣果を得ることもできています♪ マズハコチラヲゴランクダサイ。      オワカリイタダケタデショウカ。   正直まっ昼間はベリーハードモードな日が多いです、基本は朝まずめ夕まずめになりますがベネターはあまり食い気のないメバルを反応させることもできます。 使い方のキモとしては、・ウィード(ストラクチャー)のキワを通してくる。・ボトム寄り。・ミドストの要領でチョンチョンと操作しながらゆっくりリフトアップしてくるイメージ。・中層あたりまで浮いたらテンションフォール。・ウィードが絡んだら適度な力量でほぐす、切る、ウィードとうまく付き合う。・ベネターを自由に踊らせるイメージ。   ナイトゲームの完全な食わせ指向の釣り方ではなく、デイゲームではやはりリアクションの要素が必要になってきます。 スプーンはワームと違いトリッキーな動きやフラッシングを出せるルアー、さらに意外とスナッグレス性能も高いルアーなのでベネターではこのような釣り方が可能になっています。 引き続きデイメバリングの研究を進めます ^ ^

    メバル×デイゲーム×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 メバルのショアルアーゲームが最盛期となった春、特に藻場でのスプーン、ベネター4.5gでよく釣れています。ただナイトゲームでメバルが頻繁にライズしているような状況ではベネターに限らず表層近くをゆっくり通してこれるルアーであれば釣れます、プラグですとフックにウィードが絡んでチョベリバですが。 しかしデイゲームとなるとメバルは難しい、一部魚影の非常に濃いエリアでは成立しますが本州である程度人口の多い場所ではやはりナイトゲームが基本となります。 でも明るい時間帯に魚が釣れるのはやはり気持ちのいいもの、ぼくもできればデイゲームで魚を釣りたいと思い日中のメバリングを模索しています。そして実際に釣果を得ることもできています♪ マズハコチラヲゴランクダサイ。      オワカリイタダケタデショウカ。   正直まっ昼間はベリーハードモードな日が多いです、基本は朝まずめ夕まずめになりますがベネターはあまり食い気のないメバルを反応させることもできます。 使い方のキモとしては、・ウィード(ストラクチャー)のキワを通してくる。・ボトム寄り。・ミドストの要領でチョンチョンと操作しながらゆっくりリフトアップしてくるイメージ。・中層あたりまで浮いたらテンションフォール。・ウィードが絡んだら適度な力量でほぐす、切る、ウィードとうまく付き合う。・ベネターを自由に踊らせるイメージ。   ナイトゲームの完全な食わせ指向の釣り方ではなく、デイゲームではやはりリアクションの要素が必要になってきます。 スプーンはワームと違いトリッキーな動きやフラッシングを出せるルアー、さらに意外とスナッグレス性能も高いルアーなのでベネターではこのような釣り方が可能になっています。 引き続きデイメバリングの研究を進めます ^ ^

  • 小島養漁場×トラウトサーモン×スプーン(ベネター4.5g)

    小島養漁場×トラウトサーモン×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 先日いまかなりナウい小島養漁場さんのトラウトサーモンに行って参りました。 というのも、5g程度のスプーンで釣れるらしいということでベネター4.5gがちょうど良さそうなのでこれは行くしかない、と。 ただいかんせんトラウトサーモン釣りは初めて、なにをどうすればいいか全くわからないまま突撃。釣り方に関してはあえてあまり情報を入れずに行きました、現場で自分で試行錯誤して釣れた時が釣りをしていて一番うれしい瞬間でもあります。 しかし漁港のようなロケーションでのんびりマスを狙うというのは普段の釣りとは全く違う感覚で新鮮、チョベリグな空間です。   いざ、実釣。午前の部でお邪魔させていただいたので朝イチは表層から探る、も、無反応。少し時間が経ち、足元からある程度水深がある場所なのでまーボトムかなあと思い一度底を取ってからゆるゆると巻いてくると中層でバイト!     口先が尖がってきて歯も鋭くなり、マスではなくサケ寄りの魚になったトラウトサーモンが釣れました♪ フックはデフォルトのシングルフックでokですが、かなりライトなタックルセッティングの場合は細軸のフックに交換がベターです。(今回はメジャークラフトさんのジグパラアシスト鯖皮Sを使用) この後にもかなり手前で丸見えバイト、もフックアップできず。これはワンチャン今から祭りが始まるのかと期待しましたがこの一尾で終了となりました。 この日仲良くなった釣りうまのナウなヤングは午後からC調だったようで結局10尾ほど釣ったようです、めっちゃ釣ってる羨ましい。 今回で雰囲気を掴めましたので次回はたくさん釣れるようがんばりたいと思います、ベネター4.5gは小島養漁場に超イイ感じということはわかりました。 【まとめ】小島養漁場さんにはかわちぃねっこがいっぱいいる(=^・・^=)

    小島養漁場×トラウトサーモン×スプーン(ベネター4.5g)

    まいどです!こばやしです。 先日いまかなりナウい小島養漁場さんのトラウトサーモンに行って参りました。 というのも、5g程度のスプーンで釣れるらしいということでベネター4.5gがちょうど良さそうなのでこれは行くしかない、と。 ただいかんせんトラウトサーモン釣りは初めて、なにをどうすればいいか全くわからないまま突撃。釣り方に関してはあえてあまり情報を入れずに行きました、現場で自分で試行錯誤して釣れた時が釣りをしていて一番うれしい瞬間でもあります。 しかし漁港のようなロケーションでのんびりマスを狙うというのは普段の釣りとは全く違う感覚で新鮮、チョベリグな空間です。   いざ、実釣。午前の部でお邪魔させていただいたので朝イチは表層から探る、も、無反応。少し時間が経ち、足元からある程度水深がある場所なのでまーボトムかなあと思い一度底を取ってからゆるゆると巻いてくると中層でバイト!     口先が尖がってきて歯も鋭くなり、マスではなくサケ寄りの魚になったトラウトサーモンが釣れました♪ フックはデフォルトのシングルフックでokですが、かなりライトなタックルセッティングの場合は細軸のフックに交換がベターです。(今回はメジャークラフトさんのジグパラアシスト鯖皮Sを使用) この後にもかなり手前で丸見えバイト、もフックアップできず。これはワンチャン今から祭りが始まるのかと期待しましたがこの一尾で終了となりました。 この日仲良くなった釣りうまのナウなヤングは午後からC調だったようで結局10尾ほど釣ったようです、めっちゃ釣ってる羨ましい。 今回で雰囲気を掴めましたので次回はたくさん釣れるようがんばりたいと思います、ベネター4.5gは小島養漁場に超イイ感じということはわかりました。 【まとめ】小島養漁場さんにはかわちぃねっこがいっぱいいる(=^・・^=)

  • メバル釣るならスプーン、ベネター4.5g

    メバル釣るならスプーン、ベネター4.5g

    まいどです!こばやしです。 今日は2024年3月14日、ぼくがよく釣りをしている兵庫県明石エリアではぼちぼちメバルの最盛期が始まります。真冬の間は水深がありストラクチャーの多い漁港に集まっていますが季節の進行、海藻の成長とともに藻場にメバルが差してきます。 こうなってくると藻場メバルスプーニングがめちゃくちゃ楽しい季節♪明石に限らず全国的にも藻場が形成されてくる時期、まだほとんどスプーンでメバルを狙っている人は見かけませんがメバル、特に藻場メバルには非常に効果的です。 基本的に表層~海面直下の釣りなのでジグ単ではレンジが入りすぎる。プラグではウィードにスタックしすぎる。マイクロルアーでは狙いたいところまで届かない。 これらの問題を解決するのがスプーンです。スプーンはメタルルアーですが水面直下をスローに通してこれます、またフック選択の自由度が高いのでシングルフックやアシストフックでスナッグレス性を高めることができ遠投性能も十分。スプーンはそもそもメバルに対してマッチ度が高いルアーなのです!   釣り方はシンプル、ナイトゲームが基本になりますがメバルが潜んでいそうなウィードパッチの近くをゆっくりただ巻きで通してくるだけ、表層メインです。   ベネター4.5g、めっちゃ効きます。 ベネターは「厚み」にこだわったスプーンであり、薄すぎず厚すぎずの設計となっています。薄すぎるスプーンは飛ばない沈まない、厚すぎるスプーンは泳がないというデメリットがあり、総合的に実用性を高めるには全体のデザインと「厚み」が非常に重要になってきます。手前味噌ですが、ベネターはかなり良いバランスに仕上がっています。   フックはデフォルトのシングルフックでは少し太いので細軸のシングルフックかシングルアシストへの交換をおすすめします、海藻がそんなに濃くない場所ではトレブルやツインアシストにするとフックアップ率は上がります。   おすすめシングルフック・トレーシンシングル#6(デコイ)・シングルフック59#6(カルティバ) おすすめシングルアシスト・TR-22シングル#6(がまかつ)・ジグパラアシストフックS (メジャークラフト) おすすめトレブル・ST-26#12(カルティバ) おすすめツインアシスト・ミクロアシストS(ジャングルジム)・アシスト59ライト#6(がまかつ)   メバル釣るならベネター4.5g♪

    メバル釣るならスプーン、ベネター4.5g

    まいどです!こばやしです。 今日は2024年3月14日、ぼくがよく釣りをしている兵庫県明石エリアではぼちぼちメバルの最盛期が始まります。真冬の間は水深がありストラクチャーの多い漁港に集まっていますが季節の進行、海藻の成長とともに藻場にメバルが差してきます。 こうなってくると藻場メバルスプーニングがめちゃくちゃ楽しい季節♪明石に限らず全国的にも藻場が形成されてくる時期、まだほとんどスプーンでメバルを狙っている人は見かけませんがメバル、特に藻場メバルには非常に効果的です。 基本的に表層~海面直下の釣りなのでジグ単ではレンジが入りすぎる。プラグではウィードにスタックしすぎる。マイクロルアーでは狙いたいところまで届かない。 これらの問題を解決するのがスプーンです。スプーンはメタルルアーですが水面直下をスローに通してこれます、またフック選択の自由度が高いのでシングルフックやアシストフックでスナッグレス性を高めることができ遠投性能も十分。スプーンはそもそもメバルに対してマッチ度が高いルアーなのです!   釣り方はシンプル、ナイトゲームが基本になりますがメバルが潜んでいそうなウィードパッチの近くをゆっくりただ巻きで通してくるだけ、表層メインです。   ベネター4.5g、めっちゃ効きます。 ベネターは「厚み」にこだわったスプーンであり、薄すぎず厚すぎずの設計となっています。薄すぎるスプーンは飛ばない沈まない、厚すぎるスプーンは泳がないというデメリットがあり、総合的に実用性を高めるには全体のデザインと「厚み」が非常に重要になってきます。手前味噌ですが、ベネターはかなり良いバランスに仕上がっています。   フックはデフォルトのシングルフックでは少し太いので細軸のシングルフックかシングルアシストへの交換をおすすめします、海藻がそんなに濃くない場所ではトレブルやツインアシストにするとフックアップ率は上がります。   おすすめシングルフック・トレーシンシングル#6(デコイ)・シングルフック59#6(カルティバ) おすすめシングルアシスト・TR-22シングル#6(がまかつ)・ジグパラアシストフックS (メジャークラフト) おすすめトレブル・ST-26#12(カルティバ) おすすめツインアシスト・ミクロアシストS(ジャングルジム)・アシスト59ライト#6(がまかつ)   メバル釣るならベネター4.5g♪

  • ベネターのフックについて

    ベネターのフックについて

    まいどです!小林です。 スプーンの便利なところのひとつ、フックを自由に替えられるところ。特にベネターは様々な魚種に使用するスプーン、ターゲットごとにフックを替えるだけで大きくキャッチ率が上がります。この記事では各サイズ、各魚種ごとにおすすめの鈎の種類やフックサイズを一覧にしています。 また、フックを替えると泳ぎも変わります。シングルフックは軽いので最もワイドな動きになり、早く巻いても一番ぐるぐる回りにくいです。 トレブル、ツインアシストは重く抵抗も大きいためウォブリング、テールスウィングの幅が小さくなり、早巻きでは若干回りやすくなります。 シングルアシストは上記2点の中間のシングル寄り、という感じです。 ターゲットの特徴に合わせてフックをチョイスするのがベストですが、個人的にはツインアシストを使用することが多いです。シングルは最も動きが良くなり、不要なゴミやウィードを拾ってきにくいことから一番快適に釣りができます。シングルアシストは大物狙いで強度が欲しい時に。ツインアシストはフッキング率、バレにくさから実用性が最も高いと感じています。トレブルは使う頻度こそ高くないのですが、メバルやアジなどでショートバイトが頻発する状況ではやはり重宝します。   シングルフック 4.5g 8g 14g 軸径や有効なシチュエーション等 基本 #4 #2 #1/0 DECOYバーサタイルシングル等 アジ カサゴ #4 #2 カマス サバ シーバス タケノコメバル #4 #2 タチウオ チヌ #4...

    ベネターのフックについて

    まいどです!小林です。 スプーンの便利なところのひとつ、フックを自由に替えられるところ。特にベネターは様々な魚種に使用するスプーン、ターゲットごとにフックを替えるだけで大きくキャッチ率が上がります。この記事では各サイズ、各魚種ごとにおすすめの鈎の種類やフックサイズを一覧にしています。 また、フックを替えると泳ぎも変わります。シングルフックは軽いので最もワイドな動きになり、早く巻いても一番ぐるぐる回りにくいです。 トレブル、ツインアシストは重く抵抗も大きいためウォブリング、テールスウィングの幅が小さくなり、早巻きでは若干回りやすくなります。 シングルアシストは上記2点の中間のシングル寄り、という感じです。 ターゲットの特徴に合わせてフックをチョイスするのがベストですが、個人的にはツインアシストを使用することが多いです。シングルは最も動きが良くなり、不要なゴミやウィードを拾ってきにくいことから一番快適に釣りができます。シングルアシストは大物狙いで強度が欲しい時に。ツインアシストはフッキング率、バレにくさから実用性が最も高いと感じています。トレブルは使う頻度こそ高くないのですが、メバルやアジなどでショートバイトが頻発する状況ではやはり重宝します。   シングルフック 4.5g 8g 14g 軸径や有効なシチュエーション等 基本 #4 #2 #1/0 DECOYバーサタイルシングル等 アジ カサゴ #4 #2 カマス サバ シーバス タケノコメバル #4 #2 タチウオ チヌ #4...

  • ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その4

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その4

    まいどです!小林です。 今回はリトリーブ時のアクション、ベネターに求めたデッドスロー~速巻きまでの対応力についてです。 スプーンの動きは厚みや重さと形状によって変わってきます。今回万能スプーンというテーマを掲げている以上、なにかに特化していないことに特化する必要があります。リトリーブ時のアクションで言うとゆっくり巻いても速く巻いても釣れるスプーンです。 ・スローリトリーブでもしっかり泳ぐ ・ファストリトリーブでもぐるぐる回らない(スプーンという特性上限界はあります、厳密に言うとかなり速く巻くと回ります。) ・ファストリトリーブでぐるぐる回ってもただ回るだけでなく、一定数一方向に回転したら逆方向に回転を切り替えて左右に蛇行しながら泳ぐ ・微妙な水流の変化や風、巻きスピードの変化によって時折抜ける動きをする これらの特性を、遠投性能やフォールの質等の実用性を殺すことなく実現する必要がありました。特に不要にぐるぐる回らない、時折抜ける動きをする、という2点においては魚が口を使うかどうかにおいて差が出ると感じているので強くこだわっています。複数のプロト製作、テストを繰り返し全体的な形状設計の修正を行い、具現化することに成功しました。 一般的にネイティブトラウト用として世に出ているスプーンは川でアップに投げてもしっかり泳ぐ、という部分に注力しているモデルが多く、ここが多魚種用スプーンとの違いのひとつかなあと作ってみて感じたり感じなかったり。   そしてこちらの画像がフィンハンマード部分以外の各サイズ最終手打ちプロトです。     サイズが変わると動きが変わるためデータ上で等倍設計するのではなく、各サイズオリジナル設計です。これにフィンハンマードを施しメッキ・塗装をしてベネターは完成となりました。

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その4

    まいどです!小林です。 今回はリトリーブ時のアクション、ベネターに求めたデッドスロー~速巻きまでの対応力についてです。 スプーンの動きは厚みや重さと形状によって変わってきます。今回万能スプーンというテーマを掲げている以上、なにかに特化していないことに特化する必要があります。リトリーブ時のアクションで言うとゆっくり巻いても速く巻いても釣れるスプーンです。 ・スローリトリーブでもしっかり泳ぐ ・ファストリトリーブでもぐるぐる回らない(スプーンという特性上限界はあります、厳密に言うとかなり速く巻くと回ります。) ・ファストリトリーブでぐるぐる回ってもただ回るだけでなく、一定数一方向に回転したら逆方向に回転を切り替えて左右に蛇行しながら泳ぐ ・微妙な水流の変化や風、巻きスピードの変化によって時折抜ける動きをする これらの特性を、遠投性能やフォールの質等の実用性を殺すことなく実現する必要がありました。特に不要にぐるぐる回らない、時折抜ける動きをする、という2点においては魚が口を使うかどうかにおいて差が出ると感じているので強くこだわっています。複数のプロト製作、テストを繰り返し全体的な形状設計の修正を行い、具現化することに成功しました。 一般的にネイティブトラウト用として世に出ているスプーンは川でアップに投げてもしっかり泳ぐ、という部分に注力しているモデルが多く、ここが多魚種用スプーンとの違いのひとつかなあと作ってみて感じたり感じなかったり。   そしてこちらの画像がフィンハンマード部分以外の各サイズ最終手打ちプロトです。     サイズが変わると動きが変わるためデータ上で等倍設計するのではなく、各サイズオリジナル設計です。これにフィンハンマードを施しメッキ・塗装をしてベネターは完成となりました。

  • ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その3

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その3

    まいどです!小林です。 ユーティリティスプーンを作るにあたり、アクションとウエイト(自重)の関係性をまずは突き詰めました。 スプーンにおけるウエイトは厚み、長さ、幅、形状、素材によって決まります。同じ重さのスプーンでも薄くてシルエットの大きなスプーン、またその逆もあります。まず単純に考えて、分厚いスプーンにすればシルエットを小さくでき、よく飛び早く沈ませることができます。機能性のみを追求すると自ずと分厚いスプーンになりますが、大きな問題があります。前回のブログに記しましたが、そもそも動きが悪くなるという大問題です。逆に薄くすればするほどこの逆の方向性に性質が動きます。 また素材について、釣具を作るにあたって向いている金属は鉛、タングステン、真鍮、亜鉛、ステンレス、錫等があります。この中で鉛、錫は柔らかい為スプーンのような平べったいルアーを作るには耐久面で不向き。タングステンは原材料コストが高く売価が高くなりすぎるため現状スルー。残った真鍮、亜鉛、ステンレスの中で最も比重が高い真鍮を素材に採用しました、市場にあるスプーンの9割以上は真鍮なのですが改めて考えたことにより納得感が出ました笑 各ウエイトにおける実用性とアクションの最高交差点を探るところからベネターの製作は始まりました。 実際に同ウエイトで厚みの違うプロトを作りテストを繰り返す。しかし形状が違えば最適な厚みも変わってきます、この「厚み」と「形状」を並行して模索していくという作業がなかなかシビアでした。そして各サイズの最適解を得ることができました。 機能性・実用性を考えてなるべく厚くしたいがアクションが良くないと意味がない、だから良いアクションが出る厚みで最も厚くする。という方針のもと進めていったテストとなりました。   次回はリトリーブ時のアクションについて、です。

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その3

    まいどです!小林です。 ユーティリティスプーンを作るにあたり、アクションとウエイト(自重)の関係性をまずは突き詰めました。 スプーンにおけるウエイトは厚み、長さ、幅、形状、素材によって決まります。同じ重さのスプーンでも薄くてシルエットの大きなスプーン、またその逆もあります。まず単純に考えて、分厚いスプーンにすればシルエットを小さくでき、よく飛び早く沈ませることができます。機能性のみを追求すると自ずと分厚いスプーンになりますが、大きな問題があります。前回のブログに記しましたが、そもそも動きが悪くなるという大問題です。逆に薄くすればするほどこの逆の方向性に性質が動きます。 また素材について、釣具を作るにあたって向いている金属は鉛、タングステン、真鍮、亜鉛、ステンレス、錫等があります。この中で鉛、錫は柔らかい為スプーンのような平べったいルアーを作るには耐久面で不向き。タングステンは原材料コストが高く売価が高くなりすぎるため現状スルー。残った真鍮、亜鉛、ステンレスの中で最も比重が高い真鍮を素材に採用しました、市場にあるスプーンの9割以上は真鍮なのですが改めて考えたことにより納得感が出ました笑 各ウエイトにおける実用性とアクションの最高交差点を探るところからベネターの製作は始まりました。 実際に同ウエイトで厚みの違うプロトを作りテストを繰り返す。しかし形状が違えば最適な厚みも変わってきます、この「厚み」と「形状」を並行して模索していくという作業がなかなかシビアでした。そして各サイズの最適解を得ることができました。 機能性・実用性を考えてなるべく厚くしたいがアクションが良くないと意味がない、だから良いアクションが出る厚みで最も厚くする。という方針のもと進めていったテストとなりました。   次回はリトリーブ時のアクションについて、です。

  • ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その2

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その2

    まいどです!小林です。 前回のブログでベネターに求めた大きな3つの性能は、 フォール時の動き アクションとウエイトの最高交差点 デッドスロー~超速巻きまでの対応力 と書きました。 今回はこのうち「フォール時の動き」についてお話させていただこうと思います。 と、その前にベネターの手打ちプロトをチラっと。       大枠がほぼ決定したプロトベネターです、しかしまだここから微調整。   【フリーフォール】 スプーンにおいて効果的なフリーフォールとは、ヒラヒラと回転を伴いながらバックスライド気味に落ちていくことだと考えています。 スプーンなんてどれもヒラヒラ落ちていくんちゃうん?と思われる方も少なくないと思いますが、実は凹みを上側にしてどんぶらこどんぶらこと落ちていったり、また回転し過ぎでフォールスピードが遅すぎるようなスプーンもあります。 決してこれが悪いということではないのですが、汎用性や使い勝手、または食わせるキッカケ等の観点からすると前述したようなフォールが万能スプーンにおいては理想だと考えています。 またスプーンはメタルジグやメタルバイブと比較するとフォールが遅いルアーです。 これはその形状や素材、フォール姿勢からそうなるのですが、使い勝手を考えると可能な限りフリーフォール時においては早く沈む設計を施しました。 ただ、フォールの速さだけを求めると単純に分厚いスプーンになります。 しかし分厚すぎるスプーンはリトリーブ時のアクションピッチが遅くなったり、また速く巻くとただグルグル回ってしまうだけ、というスプーンになり、結果的に釣れにくくなるという本末転倒な結果となってしまいます。(もちろん分厚いスプーンにも優位性のある状況もありますので一概に悪いとは言えませんが。) この理由から、「アクション性能に悪影響を与えない範囲で可能な限り速いフォール」を目指し、結果としてちょうど良いフリーフォール速度、動きになりました。   【テンションフォール】 テンションフォール時に求めたモノは所謂「スライドフォール」です。 回転しながらそれに伴い右か左にスライドしていく動きです、ベネターはテンションフォール時にスライドフォールするよう設計した為、その動きを妨げないよう、または糸撚れが発生しないようにデフォルトでスイベルを付けてあります。 なぜスライドフォールするようにしたかと言いますと、単純に釣れるからです。 キラキラと早い回転を伴いながら蛇行してフォールしていく動きに、魚は弱った小魚を感じるのか?実際によく釣れます。 その動きを見るとたしかに釣れそう~と感じます笑 また例えばジグヘッドリグなんかと比較するとフリーフォールとテンションフォールでフォールスピードの差が大きいので、早く沈ませたければフリー、ゆっくり沈ませたい若しくはあまり沈ませたくない時はテンションフォール、といった使い分けが同じルアーでできる点も利便性は高いです。...

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その2

    まいどです!小林です。 前回のブログでベネターに求めた大きな3つの性能は、 フォール時の動き アクションとウエイトの最高交差点 デッドスロー~超速巻きまでの対応力 と書きました。 今回はこのうち「フォール時の動き」についてお話させていただこうと思います。 と、その前にベネターの手打ちプロトをチラっと。       大枠がほぼ決定したプロトベネターです、しかしまだここから微調整。   【フリーフォール】 スプーンにおいて効果的なフリーフォールとは、ヒラヒラと回転を伴いながらバックスライド気味に落ちていくことだと考えています。 スプーンなんてどれもヒラヒラ落ちていくんちゃうん?と思われる方も少なくないと思いますが、実は凹みを上側にしてどんぶらこどんぶらこと落ちていったり、また回転し過ぎでフォールスピードが遅すぎるようなスプーンもあります。 決してこれが悪いということではないのですが、汎用性や使い勝手、または食わせるキッカケ等の観点からすると前述したようなフォールが万能スプーンにおいては理想だと考えています。 またスプーンはメタルジグやメタルバイブと比較するとフォールが遅いルアーです。 これはその形状や素材、フォール姿勢からそうなるのですが、使い勝手を考えると可能な限りフリーフォール時においては早く沈む設計を施しました。 ただ、フォールの速さだけを求めると単純に分厚いスプーンになります。 しかし分厚すぎるスプーンはリトリーブ時のアクションピッチが遅くなったり、また速く巻くとただグルグル回ってしまうだけ、というスプーンになり、結果的に釣れにくくなるという本末転倒な結果となってしまいます。(もちろん分厚いスプーンにも優位性のある状況もありますので一概に悪いとは言えませんが。) この理由から、「アクション性能に悪影響を与えない範囲で可能な限り速いフォール」を目指し、結果としてちょうど良いフリーフォール速度、動きになりました。   【テンションフォール】 テンションフォール時に求めたモノは所謂「スライドフォール」です。 回転しながらそれに伴い右か左にスライドしていく動きです、ベネターはテンションフォール時にスライドフォールするよう設計した為、その動きを妨げないよう、または糸撚れが発生しないようにデフォルトでスイベルを付けてあります。 なぜスライドフォールするようにしたかと言いますと、単純に釣れるからです。 キラキラと早い回転を伴いながら蛇行してフォールしていく動きに、魚は弱った小魚を感じるのか?実際によく釣れます。 その動きを見るとたしかに釣れそう~と感じます笑 また例えばジグヘッドリグなんかと比較するとフリーフォールとテンションフォールでフォールスピードの差が大きいので、早く沈ませたければフリー、ゆっくり沈ませたい若しくはあまり沈ませたくない時はテンションフォール、といった使い分けが同じルアーでできる点も利便性は高いです。...

  • ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その1

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その1

    まいどです!ブラスビーの小林です。 前職は釣具屋さんでした、主に大阪や台湾で働いておりました。 実際に釣り人とダイレクトに繋がる現場で働いている中で、なぜこういうルアーや釣具が無いかなあと仕入れの時に頭を抱えていたことが今回釣具メーカーを立ち上げた経緯となります。 メーカー名はブラスビー(Brassvy)といいます、ぜひよろしくお願いいたします。 そしてブラスビー製品の第一弾はスプーン、「ベネター」です。 なぜスプーンなのか、一言で言いますとなんでも釣れるからです笑 日本においてはトラウト用や沖縄ローカルのスプーンしか基本的には流通していない現状(一部なんでも用やバス用、シーバス用もありますが)、もっと様々な魚や場所にマッチするスプーンがあったらええのになぁという感情がキッカケです。 実際にスプーンはたくさんの魚を連れてきてくれています、一部ご紹介。   ヒラメ    オニヒラアジ   トーマン   リュウグウベラ   カワムツ      このブログ内ではどのようにしてベネターが生まれたのか、開発過程をお伝えしていこうと思っています。本当にトライ&エラーの連続で無数の犠牲者が生まれてしまいました。        ベネターに求めた性能のうち大きな3点は、 フォール時の動き アクションとウエイトの最高交差点 デッドスロー~速巻きまでの対応力 です、次回ブログ開発記その2に続く。

    ブラスビールアー第一弾、汎用型スプーン【ベネター】開発記その1

    まいどです!ブラスビーの小林です。 前職は釣具屋さんでした、主に大阪や台湾で働いておりました。 実際に釣り人とダイレクトに繋がる現場で働いている中で、なぜこういうルアーや釣具が無いかなあと仕入れの時に頭を抱えていたことが今回釣具メーカーを立ち上げた経緯となります。 メーカー名はブラスビー(Brassvy)といいます、ぜひよろしくお願いいたします。 そしてブラスビー製品の第一弾はスプーン、「ベネター」です。 なぜスプーンなのか、一言で言いますとなんでも釣れるからです笑 日本においてはトラウト用や沖縄ローカルのスプーンしか基本的には流通していない現状(一部なんでも用やバス用、シーバス用もありますが)、もっと様々な魚や場所にマッチするスプーンがあったらええのになぁという感情がキッカケです。 実際にスプーンはたくさんの魚を連れてきてくれています、一部ご紹介。   ヒラメ    オニヒラアジ   トーマン   リュウグウベラ   カワムツ      このブログ内ではどのようにしてベネターが生まれたのか、開発過程をお伝えしていこうと思っています。本当にトライ&エラーの連続で無数の犠牲者が生まれてしまいました。        ベネターに求めた性能のうち大きな3点は、 フォール時の動き アクションとウエイトの最高交差点 デッドスロー~速巻きまでの対応力 です、次回ブログ開発記その2に続く。

  • 【公開のお知らせ】

    【公開のお知らせ】

    ブラスビー公式販売サイトを公開しました! 第一弾ルアーであるベネターはこのサイトにて先行発売となります。 会員様には何度でも使える20%OFFクーポンを配布中、ぜひ会員登録(無料)を!   今後この公式サイトでブラスビー製品の最新情報や釣果情報などを配信していきます、随時Checkお願いします♪

    【公開のお知らせ】

    ブラスビー公式販売サイトを公開しました! 第一弾ルアーであるベネターはこのサイトにて先行発売となります。 会員様には何度でも使える20%OFFクーポンを配布中、ぜひ会員登録(無料)を!   今後この公式サイトでブラスビー製品の最新情報や釣果情報などを配信していきます、随時Checkお願いします♪

LATEST

    RECOMMENDED

    • カサゴ×スプーン(ベネター)

      カサゴ×スプーン(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 不遇だ、こんなに美味しくてよく釣れてかわいい我々がメバルやハタたちと比べてなんというかターゲットとして立ち位置が下に位置している感じ、不遇だ。 それはまあ「よく釣れる」ことがそうさせているのだと思う、釣り人は難しい魚ほど釣りたくなる人種である。 結局高級魚=希少価値、どれだけ美味しくてもたくさん居ることによって高級魚にはなれない、イワ氏もそう言っていた。 不遇だ。   と、あるカサゴが語っていた。   今回はスプーンカサゴの紹介です笑 カサゴ、関西ではガシラ、九州ではアラカブ、四国や九州の一部ではホゴと呼ばれている海釣りでは非常に馴染みのある魚です。 意外にも釣り人でなければ知らない人も割と多い、たぶん漁ではあまり獲らない(獲れない?)魚でそこまで市場に多く出回らないからでしょうか? そのあたりの事情はあまり知りませんが、カサゴは非常に美味しい魚! 個人的に味噌汁にするなら一位です、煮付けても唐揚げにしても何にしてもうまい♪   カサゴの生態についてはたくさん紹介されているのでもはや説明不要かと思います、岩などストラクチャーの隙間に隠れて獲物を待ち構えている根魚です。 一般的なルアーでの釣り方はワームのテキサスやフリーリグ、ジグヘッド等でボトムをタイトに攻めるという釣り方。   実はスプーンもカサゴがめちゃくちゃ釣れるルアーなのです。 ベネター4.5g、非常によく釣れます。 フックはデフォルトのシングルフックでok。   【釣り方その1:ボトムこちょこちょ】 まずボトムをとり、チョンチョンと軽く跳ね上げてフォール。 これを繰り返すだけです。 フォールはフリーでもテンションフォールでもどちらでもok、基本的にフリーフォールの方が効く場合が多いですが、テンションをかけてアタリを取っていく釣りも楽しいです。 注意点としては根がキツイ場所では根掛かりが多いこと、これはスプーンに限らずですね。 そんな時に効率よく狙っていけるのが次の釣り方です。   【釣り方その2:ボトムちょい上スイミング】 まずボトムは取ります、もしくは深さを把握できていれば着底直前まで落とし込む。...

      カサゴ×スプーン(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 不遇だ、こんなに美味しくてよく釣れてかわいい我々がメバルやハタたちと比べてなんというかターゲットとして立ち位置が下に位置している感じ、不遇だ。 それはまあ「よく釣れる」ことがそうさせているのだと思う、釣り人は難しい魚ほど釣りたくなる人種である。 結局高級魚=希少価値、どれだけ美味しくてもたくさん居ることによって高級魚にはなれない、イワ氏もそう言っていた。 不遇だ。   と、あるカサゴが語っていた。   今回はスプーンカサゴの紹介です笑 カサゴ、関西ではガシラ、九州ではアラカブ、四国や九州の一部ではホゴと呼ばれている海釣りでは非常に馴染みのある魚です。 意外にも釣り人でなければ知らない人も割と多い、たぶん漁ではあまり獲らない(獲れない?)魚でそこまで市場に多く出回らないからでしょうか? そのあたりの事情はあまり知りませんが、カサゴは非常に美味しい魚! 個人的に味噌汁にするなら一位です、煮付けても唐揚げにしても何にしてもうまい♪   カサゴの生態についてはたくさん紹介されているのでもはや説明不要かと思います、岩などストラクチャーの隙間に隠れて獲物を待ち構えている根魚です。 一般的なルアーでの釣り方はワームのテキサスやフリーリグ、ジグヘッド等でボトムをタイトに攻めるという釣り方。   実はスプーンもカサゴがめちゃくちゃ釣れるルアーなのです。 ベネター4.5g、非常によく釣れます。 フックはデフォルトのシングルフックでok。   【釣り方その1:ボトムこちょこちょ】 まずボトムをとり、チョンチョンと軽く跳ね上げてフォール。 これを繰り返すだけです。 フォールはフリーでもテンションフォールでもどちらでもok、基本的にフリーフォールの方が効く場合が多いですが、テンションをかけてアタリを取っていく釣りも楽しいです。 注意点としては根がキツイ場所では根掛かりが多いこと、これはスプーンに限らずですね。 そんな時に効率よく狙っていけるのが次の釣り方です。   【釣り方その2:ボトムちょい上スイミング】 まずボトムは取ります、もしくは深さを把握できていれば着底直前まで落とし込む。...

    • 【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

      【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 デイシーバスのヒットシーン映像になります。 使用しているのはベネター14g。 ただ巻き。 藻の中でカタクチが通るのを待ち構えているシーバスが本気の食い上げバイト。 エキサイティングでヤミツキになります♪  

      【ヒットシーン映像】シーバス×スプーン(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 デイシーバスのヒットシーン映像になります。 使用しているのはベネター14g。 ただ巻き。 藻の中でカタクチが通るのを待ち構えているシーバスが本気の食い上げバイト。 エキサイティングでヤミツキになります♪  

    • スプーンのスプリットリング(ベネター)

      スプーンのスプリットリング(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 スプーンに付けるスプリットリングについてのお話です。 ベネターにデフォルトで付けているスプリットリングは既製品のオフセットタイプではなく、別注のストレートタイプを採用しています。 一般的にオフセットタイプ、ストレートタイプと呼ぶのか分かりませんがぼくはそう呼んでいます。 オフセットタイプとは皆さんがふつーに目にする、ほとんどのルアーに付いている一般的なスプリットリングです。ワイヤーが重なっていない部分が斜めになっており、重心がまっすぐになることが特徴。   オフセットタイプのスプリットリング   一方、ストレートタイプとはワイヤーが全て直線でできており昨今では見ることもほぼなくなりました。   ストレートタイプのスプリットリング   基本的にオフセットタイプの方が利点が多いため最近のルアーにはほぼオフセットタイプが付いています、というかもはやオフセットタイプしかない... ではなぜベネターにはわざわざ別注のストレートタイプを採用しているか、それにはスプーンの構造が関係しています。   トラウトをされる方はわかると思うのですが、スプーンって非常にスプリットリングを取り付けにくい! アイがワイヤー(エイト管や貫通ワイヤーなど)でできているルアーはリングを取り付ける際、そこまで大きくリングを開く必要がないのでスムーズにできるのですが、スプーンはボディ自体にアイ、穴が開いている構造上大きくリングを開いて取り付ける必要があります。     エリアトラウト用のマイクロスプーンならまだしも、例えばベネター4.5g以上とかになってくると慣れないとなかなかスムーズに取り付けられません、慣れているはずのぼくもいまだにたまにミスります笑 ミスるとどうなるか、リングが開いてしまいトラブルの増加や強度の低下に繋がります。   トラブル増加、強度低下の具体例↓ ・リングが開いたところにスイベルやフックが入り込みアクションの妨げになる ・スイベルの内径を圧迫してアクションの妨げになる ・最悪の場合スイベルやフックが外れる(さすがになかなかないですが) ・ウィードやゴミを拾いやすくなる ・リングワイヤーが一本の箇所が支点になることが増えて破断強度が下がる などなど。  ...

      スプーンのスプリットリング(ベネター)

      まいどです!こばやしです。 スプーンに付けるスプリットリングについてのお話です。 ベネターにデフォルトで付けているスプリットリングは既製品のオフセットタイプではなく、別注のストレートタイプを採用しています。 一般的にオフセットタイプ、ストレートタイプと呼ぶのか分かりませんがぼくはそう呼んでいます。 オフセットタイプとは皆さんがふつーに目にする、ほとんどのルアーに付いている一般的なスプリットリングです。ワイヤーが重なっていない部分が斜めになっており、重心がまっすぐになることが特徴。   オフセットタイプのスプリットリング   一方、ストレートタイプとはワイヤーが全て直線でできており昨今では見ることもほぼなくなりました。   ストレートタイプのスプリットリング   基本的にオフセットタイプの方が利点が多いため最近のルアーにはほぼオフセットタイプが付いています、というかもはやオフセットタイプしかない... ではなぜベネターにはわざわざ別注のストレートタイプを採用しているか、それにはスプーンの構造が関係しています。   トラウトをされる方はわかると思うのですが、スプーンって非常にスプリットリングを取り付けにくい! アイがワイヤー(エイト管や貫通ワイヤーなど)でできているルアーはリングを取り付ける際、そこまで大きくリングを開く必要がないのでスムーズにできるのですが、スプーンはボディ自体にアイ、穴が開いている構造上大きくリングを開いて取り付ける必要があります。     エリアトラウト用のマイクロスプーンならまだしも、例えばベネター4.5g以上とかになってくると慣れないとなかなかスムーズに取り付けられません、慣れているはずのぼくもいまだにたまにミスります笑 ミスるとどうなるか、リングが開いてしまいトラブルの増加や強度の低下に繋がります。   トラブル増加、強度低下の具体例↓ ・リングが開いたところにスイベルやフックが入り込みアクションの妨げになる ・スイベルの内径を圧迫してアクションの妨げになる ・最悪の場合スイベルやフックが外れる(さすがになかなかないですが) ・ウィードやゴミを拾いやすくなる ・リングワイヤーが一本の箇所が支点になることが増えて破断強度が下がる などなど。  ...

    • 青物×スプーン(ベネター14g)

      青物×スプーン(ベネター14g)

      まいどです!こばやしです。 先日カタクチイワシが接岸しシーバスが釣れまくった同日、実は青物も釣れていました。     カタクチはこのサイズ、結構でかい。 しかしカタクチって綺麗ですね、光に当たるとナチュラルなコットンキャンディ。(ナチュラルコットンキャンディカラー作ろうかしら) シーバスは一番手前の沈み根と海藻が絡んだところでベイトを待ち構えているのですが、青物はその少し先。と言っても20mもキャストしていません、ベイトが接岸していれば魚種関係なくかなりショアライン、シャローに差してきます。     ベネター14gで90cmのブリ♪ このサイズもふつーに入ってきます。 フックはツインアシスト#1に交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。 14gしかないスプーンでブリ釣れるの?と感じる方も少なくないと思いますが、釣れます。 ただガチのロックショアタックルでは軽すぎて扱えません、こちらは現在開発中の24gやそれ以上のウェイトをお待ちくださいませ <(_ _)>   今回のポイントは明石にある石畳絡みの遠浅サーフ、サーフは基本ベイト次第になりますが青物、シーバスだけでなくフラットフィッシュまで同時に狙えるサーフスプーニング、楽しい釣りなのでぜひお試しあれ~!

      青物×スプーン(ベネター14g)

      まいどです!こばやしです。 先日カタクチイワシが接岸しシーバスが釣れまくった同日、実は青物も釣れていました。     カタクチはこのサイズ、結構でかい。 しかしカタクチって綺麗ですね、光に当たるとナチュラルなコットンキャンディ。(ナチュラルコットンキャンディカラー作ろうかしら) シーバスは一番手前の沈み根と海藻が絡んだところでベイトを待ち構えているのですが、青物はその少し先。と言っても20mもキャストしていません、ベイトが接岸していれば魚種関係なくかなりショアライン、シャローに差してきます。     ベネター14gで90cmのブリ♪ このサイズもふつーに入ってきます。 フックはツインアシスト#1に交換、今回はがまかつのアシスト59ライトを使用。 14gしかないスプーンでブリ釣れるの?と感じる方も少なくないと思いますが、釣れます。 ただガチのロックショアタックルでは軽すぎて扱えません、こちらは現在開発中の24gやそれ以上のウェイトをお待ちくださいませ <(_ _)>   今回のポイントは明石にある石畳絡みの遠浅サーフ、サーフは基本ベイト次第になりますが青物、シーバスだけでなくフラットフィッシュまで同時に狙えるサーフスプーニング、楽しい釣りなのでぜひお試しあれ~!